美容と生活習慣の関連は?


胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えて煙草を飲む事・酒類・肥満等の生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどに縁り、こと日本人に多く発病している疾患だといえます。

収縮期血圧が140を超える高血圧がある程度続くと、血管に重いダメージが与えられ、頭のてっぺんから足の爪先まであちらこちらの血管に障害がもたらされて、合併症を発症する割合が大きくなるのです。

内臓に脂肪が多い肥満と診断された上で、脂質(ししつ、lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖(こうけっとう)のうち2~3項目に該当するような様子のことを、メタボリックシンドローム、略してメタボと名付けています。

耳の内部構造は、耳殻側から順番に「外耳」「中耳」「内耳」の3種類に区別されますが、中耳の近くにばい菌やウィルスが感染することで炎症ができたり、体液が滞留する病気が中耳炎なのです。

塩分や脂肪の摂取過多をやめた上で手ごろな運動に努めるだけでなく、ストレスを感じすぎないような暮らしを心がけることが狭心症の主因となる動脈硬化を予め防ぐコツだといえます。

お酒に含まれるアルコールやお薬、科学的に合成された食品添加物などの成分を酵素によって分解して無毒化する活動を解毒と呼んでおり、肝臓の果たしている主要な仕事のひとつだと言えるでしょう。

20代、30代で更年期になったら、医学的な言葉で表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という女性疾患に当てはまります(この国においては40才未満の女性が閉経する状態をPOFと呼んでいるのです)。

胸痛を主訴とする狭心症(angina pectoris)の外科手術では大方の病院で「大動脈バルーンパンピング」と「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス移植術(CABG)」の両方の治療法がよく使用されています。

3つのアミノ酸から成るグルタチオン(GSH)には、細胞の機能を鈍くしたり突然変異を誘発する悪影響を及ぼす有害物質を身体の中で解毒し、肝臓の性能を強化するような特性が判明しているのです。

一見すると「ストレス」は、「溜めてはいけない」「取り去らなければいけない」と考えがちですが、其の実、私達は様々なストレスを受けるからこそ、活動していくことが可能になるのです。

高熱が特徴のインフルエンザに適応している予防方法や医師による手当等、このような基礎的な対処策そのものは、それが季節性インフルエンザであっても新たに発見された新型のインフルエンザであっても一緒です。

世界保健機関(World Health Organization)は、身体に害を与えるUV-A波の異常な浴び過ぎが皮ふ病を招く可能性が高いとして、19歳未満がファッション感覚で日サロを使用することの禁止を強く世界中に求めています。

普通は水虫は足、こと足指の間に現れる病気だという認識が定着していますが、白癬菌が感染する部位は足だけに留まらないので、全身どの部位にもかかる危険性があるので気を付けましょう。

患者数が増加しているうつ病では脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足することにより、不眠、憂うつ、疲労感、食欲低下、体重減少強い焦燥感、顕著な意欲の低下、そして重症化すると自殺企図等の症状が心身に現れるのです。

ダイエット目的で1日の総カロリーを抑える、1人前を食べない、そんな暮らし方が結果的に栄養までもを不足させ、酷い冷え性を誘引していることは、色んなところで危惧されています。